注文住宅の基礎知識

注文住宅という言葉をよく耳にするものの、実際のところはよくわからないという方も意外と多いのではないでしょうか。ここでは、そもそも注文住宅とは何なのか、いくらぐらいするものなのか、基本的な情報をご紹介します。

そもそも注文住宅とは?

一戸建てを購入しようとする場合に選択肢となるのが、注文住宅と建売住宅です。このうち、建売住宅というのは、文字通りあらかじめ不動産業者側で建物の設計から住宅設備の仕様決めまでほとんどの工程を済ませて…

Learn more

どこに依頼すればよいの?ハウスメーカーと工務店の違い

ハウスメーカーは、広範囲にわたる営業網を持ち、土地探し、資金計画からアフターサービスにわたり、家づくりの最初から最後までサポートするサービスを行います。ハウスメーカーごとに独自の工法や生産工場を持…

Learn more

注文住宅のメリットとは

自分が好きな間取り、好きな玄関ドアや各部屋のドア等、自由に組む合わせができる注文住宅購入がおすすめです

注文住宅の価格の相場は?

注文住宅を建てる時に必要な費用の内訳は?

注文住宅を建てようとする際、気になるのがその費用です。注文住宅を購入する費用はもちろん、家を建てる時には様々な所にお金がかかります。注文住宅を建てる時にかかる費用は大まかに分けて本体工事費用・別途工事費用・諸費用の3つに分けることが出来ます。本体工事費用は建物そのものの価格の事です。この費用は家の基礎工事や風呂など家の中の設備を設置するための工事にかかる費用で、庭など建物以外の設置にかかる金額が入っていないことに注意してください。庭や駐車場等の外構工事や水道を敷くための建物以外にかかる工事費用は別途工事費用と言います。この費用は土地の条件により大きく変動することに注意が必要です。最後の諸費用とは、税金や各種手数料、引っ越し費用や保険に入る時の保険料などが該当します。

結局、注文住宅を建てるにはどれくらい必要なの?

注文住宅を建てる時には先述の費用の他に土地の取得に費用がかかる場合もあります。土地の取得も同時に行う場合の相場は、その地域ごとに平均的な延べ床面積の住宅を購入した場合で全国平均が約4000万円になります。ただ、これは地域ごとに幅があり、最も相場が高い東京都では約5500万円、相場が低い秋田県や鳥取県は約3000万円となっています。これは建物というより、土地取得にかかる費用が首都圏とそれ以外で大きな差があるためこのような差が生まれています。現在の家を建て替えるなどで土地取得の必要が無い場合の相場は全国平均で約3400万円となります。この場合は地域による差が土地取得が必要な場合に比べて少なく、上下1000万円程度の幅になります。この相場には先述の諸費用の項目が入っていないため、この相場に10%程度を上乗せして考えましょう。

注文住宅のメリット・デメリット

注文住宅のメリット

メリットは何と言っても、思い描いたマイホームを建てられることでしょう。建売住宅の場合でも、機能的で素敵なデザインの物件が見付かることもあるはずですが、ただ、どこか物足りなく感じることもあるものです…

Learn more

注文住宅のデメリット

マイホームの購入を考えるとき、自分の希望に沿った家を作ることができるので、注文住宅がいいと思っている人もいるかもしれません。確かに注文住宅であれば外観から内装まで自分好みにできますが、実はメリット…

Learn more

注文住宅で失敗しないために気をつけること

注文住宅を建築する場合は、外観や内観などに希望があるでしょうから、業者にさまざまな注文をつけるはずです。理想通りの住まいを完成させるには、それらはとても重要ですが、土地探しにも気を配るようにしまし…

Learn more